ダイエットは「自分」が二人必要

痩せたいと、一言でも他人にもらすと
「運動する」「食べるものを減らす」と言われます。
そんなことはわかっています。

運動すると言っても、ジムに通う時間がなかなかとれないし、
食べるものを減らすと言われても、
自分ではそんなに食べてるつもりもないし、
と、あれこれ理由をつけてしまいます。

最近、その理由づけが一番ダイエットの敵でないかと
思うようになりました。
理由をつけるということ、すなわち自分を甘やかしてるって
ことになります。

誰でも、自分が可愛いのは当たり前です。
その可愛い自分を甘やかすのも当たり前です。
それではダイエットが成功するはずもありません。

ダイエットの敵はやっぱり「自分自身」です。
自分を甘やかすのをまずやめて、自分を客観視して
(他人は気を使ってはっきりとは言ってくれないので)
「いくらなんでもそのお腹はひどいでしょ」とか
「もうちょっと動けばいいのに」とか
自分自身で思うようにしないと、成功しないのでは・・。

と、頭ではいろいろ考えてみるのですが、
それを実行にうつすとなると、また難しいです。
頭と体は、別々にはなってくれないので。

別の人格が出てきて、罵倒されるまで
ダイエットは成功しないかも・・・。